MENU

威力が優しいので安全に受けられるフラッシュ

かつてはニードルが主流だったエステですが、ある方法が開発されたのを契機に、そちらに移行する所が増え、今ではニードルの注目度が陰りを見せる程にすっかり定着しました。

フラッシュです。フラッシュは店ごとに、IPL、プラズマ等、様々な呼ばれ方をされていますが、クリニックで主に使われるレーザーとほとんど似た仕組みです。

レーザーと同様に光熱を使って、腕の体毛にエネルギーを加え、体毛から発される熱を通して、発毛組織を弱らせる事で腕脱毛を行います。
レーザーを使わないのは、使わないというよりもエステで使えないからで、代用にフラッシュを手段としている訳です。

違うのは、威力が優しい点です。レーザーは強力ですが、強力過ぎてある意味では危ないともいえます。人の体質毛質によっては健康リスクを被る可能性を否定できません。
対してフラッシュは、二度と生えなくするぐらいのパワーは持たない代わりに安全が、レーザーに比べましたら保障されます。

威力が優しいとは、肌へのストレスも小さく収まる事になり、受けた際に感じる痛みもかなり抑えられます。従って、痛いのは嫌だ、興味津々だがいきなり腕脱毛をレーザーでするのは恐いと思っている人には、まずフラッシュを先に試して、雰囲気を味わうという事もできます。

将来にわたってムダ毛が再生しない事が約束しづらく、パワーも弱めなので、想像通りの結果を得るには何度も重ねて当てる必要がある点がデメリットに数えられます。
しかし、腕脱毛できる他にも、ちょうど良い刺激を与えるお陰で、弛んだ毛穴を引き締めたり、シミそばかすを薄れさせる美容効果も期待される魅力も潜ませています。

一度で処理できる範囲も広大なので、短い時間で施術を終わらせる事も可能です。
エステで行われるため、お金の負担が軽くて済むのも大きなメリットとして挙げられます。

リスクがあるもののパワフルで効き目が強いレーザー

腕脱毛の一手段として挙げられるレーザーは、クリニックのみで扱われます。
あのまっすぐ射出される1本線の光を、コンサートライブでの照明や、ホワイトボードの内容を差すポインターで見た事があると思いますが、まさにあれです。

強烈な光を発するため、怖い物との認識をしている人も中にはいらっしゃるでしょう。しかし生活シーンで使われているという事は、そうして構わないぐらいに、正しい扱いをしている限りは、安全性は大きいといって良いです。

腕脱毛で使われる場合、腕に当てて体毛を熱し、その熱を用いて体毛の根っこ近くにある、発毛組織を壊します。黒い物にしか反応しないタイプなので、肌を焼いてしまう恐れはありません。


安全性は元々大きい上に、肌を燃やす作りにはなっていないため、乾燥した肌にも当てて大丈夫なのが良い所です。扱えるのもきちんと医療の知識と技術を持った人だけという意味でも安全といえます。

ニードルと比べた時にレーザーの良さが非常に際立ちます。それは痛みが少ない点であるとか、短時間で処理できる点である等です。

デメリットを挙げれば、パワフルゆえにフラッシュと比べて、リスクが高めな所です。光力の加減を間違えたり、受ける人の体調次第では、赤みがいつまでも引かなかったり、やや強めのヤケドを起こしたり等、極めて稀とはいえ起きる確率はゼロとも言い切れません。

体毛だけではなく、とにかく色の濃い物には何でも反応してしまうため、ホクロアザがある所に当ててしまうとヤケドします。避けるか、手術で取り除いてしまうかのどちらかで対策を取る事になります。

黒い色をあまり含まないウブ毛、加齢で白くなったムダ毛には思うような効果を上げられないのも弱点です。しかし、機器の改良は年々進んでおり、将来はもしかすると効き目が出しにくかった毛にも対応できるかもしれません。

リスクは多少ありますが、早い段階で高い効果を腕脱毛に求めたいなら、レーザーです。

元祖腕脱毛法ニードルは確実性が最高

ニードルはレーザーやフラッシュが生まれるずっと前から用いられてきた、腕脱毛含めたすべてのムダ毛への対抗手段です。そのリスクと危険度、何より金銭面で、今や全盛期に比べれば廃れてしまいましたが、メリットはきちんと存在します。

まず、永久性が保障されている所です。他の方法は複数の体毛を一斉に処理できる代わりに、均一に効果を出せないのが課題点です。が、ニードルは一本一本に熱を通していくやり方のお陰で、しっかり確実に強い熱を加えられ、発毛組織をやっつけられるため、二度と生えて来ない確率が極めて高いです。

次に、体毛がどこに生えていようが、肌がどのような状態であろうが、無関係にできるという点です。顔ではレーザーではできない眉毛を行えますし、乳輪等メラニン色素が集まって黒くなっているようなパーツもやれます。

数々のメリットがあっても廃れたのには、やはり問題点が色々あるのが原因です。1つめは、針を毛穴に入れる時に痛みが走る事です。例えるならば注射を何度も何度も刺される感じで、どれほど痛いか想像がつくと思います。


処置は考えられておりまして、クリニックなら麻酔薬でマヒさせる事ができます。ところが医療者のいないエステは麻酔が使えず、流す電気の量も限られていますから、力がない分、長く電気を流す事になり、激しい痛みに耐えなければいけない短所を持ちます。

2つめは、一回でやれる範囲が、たった一本なので、終わる時間が非常に長引く所です。両ワキの場合でしたら施術1度につき、数時間はかかると見込んだ方が良いです。

3つめは、行う人によって効果と痛み、かかる時間にムラがある点です。御分りのように、医術に近いやり方なので、器用さと経験が物をいいます。上手い人ならまだ良いですが、未熟な人が担当すると大変な目に遭います。

4つめは、身体に受けるリスクが高い所で、一番のデメリットです。毛穴に入れるといっても、刺すに近い行いで、さらに電気熱を通す訳なので、水ぶくれ、ヤケドの他、表面神経を刺激して痺れる等が滅多にないとはいえ、起こり得ぬとも言い切れません。

最もいけないのが病気に感染する恐れで、もし針が不衛生で、何らかのウイルスがついていたらと思うと危険です。基本清潔にしているとはいえ、一応のリスクには含まれます。
現在での使われ方は、レーザーでも取れなかった数本をちょっと取るといった形が多いです。

腕脱毛の際にはサブの方法として活躍するでしょう。